壁に穴をあける作業

  1. Home
  2. 壁に穴をあける作業

2012-08-11 13:38:52

カテゴリー:結果を出すマインド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  





本日も応援お願いします。



どうも羽田です。







あなたの前には壁が立ちはだかってます。







あなたは、どうにかして壁の向こうへと



行かなければなりません。







この壁はあまりにも巨大で、上下左右どこにも



避ける道はありません。









どうやったら、この壁を壊すことが出来るでしょうか?







この状況にトリッキーな方法は通用しません。







そうすると、もはや出来る事を言えば







『壁に穴をあける』







それ以外に選択肢は無いでしょう。









穴を開けるとしたら、どういう戦略をとりますか?







色々なところをほじってみますか?





壁の硬さはどこも同じです。









そうなれば、取る戦略とすれば・・・







『必要最小限の穴をあける』







これが最も早い戦略ですね。









結果を出す方法としての戦略は



この壁に穴をあけるマインドと全く同じなんです。











───────────────────

結果が出る法則 その4  



・一点突破の法則

───────────────────







私もそうでしたが、多くの人は



壁をチョットほじっては、場所を変え・・・







色々なところをほじくろうとします。







これが、成果が中々でない要因です。







壁の厚みにもよりますが、



壁に穴をあける作業は精神的苦痛を伴います。









壁の厚みが予め分かっていれば



その負担は大きく軽減するのですが、人生はそう簡単には



いかないので、壁の厚みは分からないんです。









なので殆どの人が、ほじる途中で挫折します。







そして、チョットだけ場所を変えて再びほじくり始めます。









せっかく途中まで掘っていたのに、



またもやゼロリセットです。











ネットビジネスでもそうですよね。









ブログが稼げると分かればブログの穴をほじったり、





メルマガの方が稼げるなんて聞いたら、



今度はメルマガの穴をほじったり・・・









やっぱ、Facebookだよなんて聞いたら、



Facebookをほじったり。。。









こうやって、壁の至る所に中途半端な穴を



開け散らかしてしまいます。







転売も同じくです。





ヤフオク、アマゾン、バイマ、自社ショップ





これらを食い散らかす人が殆どです。











大事なのは、一点にエネルギーを集中して攻略する事です。









攻略すると副産物として、その他の事の基本的な部分もカバー出来る事です。









ブログ、メルマガ、Facebook等は、本質的な部分は一緒です。









パレートの法則で考えると、8割は共通していて、



表面化してる、残りの2割が違うだけです。



それが違うように見えるだけです。









つまり、ブログを攻略してしまえば



メルマガやFacebookに移行しても、既に8割の基本的な部分を



抑えた状態で、2割の異なる部分にのみ、エネルギーを集中して



攻略することが出来る訳です。











私が、まずはアメブロを必死で攻略した理由も



そこにあるわけです。







1点突破してから、他へと派生させる。





これは、結果が出てる人に共通する事です。









ただ、もっとも大事なコトは穴をほじる場所を間違えると



悲惨な事になる・・・







延々と鋼鉄の岩盤をほじってるという事も有り得る。









まずは、なにか一つ攻略しましょう。







羽田和広





ネットビジネスの仕組みを正しく理解し、稼げる講座を用意しました。

コチラのメルマガ講座に登録して下さい。

コチラから受講出来ます!






↓ブックマークするといつでもチェック出来ます↓

このエントリーをはてなブックマークに追加





↓イイねって思ったらポチって下さい↓

アマゾン、輸入


















ネットで稼ぐ アフィリエイトで稼ぐ 副業で稼ぐ

合わせてお読み下さい。


このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。

コメント(必須)



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)